​香りで創出する新たな文化

日本を代表する伝統の食文化である和食は、古来より季節を演出するために柚子や山椒など様々な香りを活用してきました。現在、日本では香りは味付けの重要な要素として、菓子、飲料品、加工食品など様々なものに利用されています。

弊社の扱う日本製の香料は、最新の分析機器によるデータ解析や経験豊かな調香師の感覚によって、日本人に向け開発された華やかで繊細な香りが特徴です。私共は独自に厳選した製品をもって、日本から広がる新たな文化創出を目指して参ります。